ことば の おしごと

私はリハビリテーションライターです 言語聴覚士をしています

失語症の基本① 失語症の原因は?

こんにちは。

言語聴覚士

リハビリテーションライターの水野です。

 

前回のブログで書いた小澤竹俊先生の本

「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」。

予約して図書館で借りました。

早速、読みたいと思います。

 

心がけてはいますが

小澤先生のようにわかりやすく話すのは

…難しい!

 

 

これから何回かに分けて

言語障害の代表格である失語症について

できるだけ簡単に書いてみようと思います。

 

まずは、なぜ失語症になるのか

失語症の原因から始めます。

 

 

失語症

大脳の損傷によって起きます。

 

大脳の損傷とは

CT、MRI等の画像所見でわかる、

通常とは違う状態をいいます。

 

ただし大脳の損傷があっても

必ず失語症になるわけではありません。

 

それは脳には役割分担があるから。

そのなかに「言語野」と呼ばれる

言語機能を支配する部分があります。

 

その言語野そのもの

もしくは

言語野相互を連絡する線維が

損傷された場合に失語症が起きます。

 

原因で圧倒的に多いのは脳卒中

脳卒中

脳梗塞脳出血くも膜下出血

 

その他の原因として、

脳腫瘍

脳炎(頭蓋内感染症等)

頭部外傷(交通事故、転落事故等)

中毒症状(一酸化炭素中毒・慢性アルコール中毒等)

などもあります。

 

 

私は言語聴覚士になって13年です。

担当した失語症の患者さんは

病院勤務7年で 20余名

訪問看護ステーション勤務6年で 35名

計 60名程度だと思います。

 

訪問看護ステーションに移ってからの

人数は正確ですが

病院勤務はおよその人数です。

 

60人中、脳卒中以外の原因で

失語症になった方は3人だけ。

脳腫瘍2人と交通事故1人でした。

 

私の経験からも

失語症の原因は主に脳卒中だと

言えると思います。