ことば の おしごと

私はリハビリテーションライターです 言語聴覚士をしています

 「言語聴覚士って、どんなお仕事?」を簡単に

梅って、ふんわり優しい香りがしますね。

f:id:Emizuno:20170306222757j:plain

担当しているALSの利用者さんの

梅花見のおすすめポイント。

道明寺天満宮の梅が満開でした。

 

ちなみにALSとは筋萎縮性側索硬化症という

神経変性疾患で難病の一種です。

2014年のアイスバケツチャレンジ

この病気を知った方も

多かったのではないでしょうか。

 

先週末、

最近知り合った人たちと飲みに行きました。

お仕事はなんですか。

言語聴覚士?どんなお仕事なんですか。

言語障害ってどういうことですか。

何が原因で起こるんですか。

それ、治るんですか。

 

個人的な話をし始めるとき

だいたいこういう話の流れになりますよね。

 

こんなときにするざっくりとした説明です。

 

言語聴覚士

言語障害や嚥下障害がある方の

リハビリテーションをする専門職です。

国家資格です。

 

言語障害とは、うまくしゃべれないこと。

嚥下障害とは、うまく飲み込めないこと。

 

そういった障害は、主に脳卒中や難病で起こります。

 

脳卒中とは、

脳梗塞脳出血くも膜下出血を言います。

難病とは、パーキンソン病やALS等、

たくさんあります。

未だ原因や治療法がわからない病気です。

言語障害や嚥下障害は

脳腫瘍や頭部外傷、認知症が原因でも起こります。

 

脳卒中が原因の場合は、

徐々によくなることが多いですが、

完全によくなることは少ないです。

長嶋茂雄氏は、失語症だそうです。

テレビでお見かけする様子では

ずいぶん話せるようになっています。

でも、完全に元通りとは言えません。

難病が原因の場合は、病気が進むにつれて

多くの場合、言語障害も進んでいきます。

 

もう少し詳しく聞かれれば

こう続けるかもしれません。

 

言語聴覚士には「聴覚」とついています。

聴覚障害も一応、専門です。

手話を教える人かと問われれば

それも間違ってはいないのですが

残念ながら私は手話ができません。

言語聴覚士の仕事も働く場所によって

細分化されているのが現状です。

聴覚領域で働く言語聴覚士もいます。

 

音声の領域も専門です。

声の治療のための

ボイスセンターのようなところで

働く言語聴覚士もいます。

 

対象が、

小児か

成人か

によっても話は変わってきます。

今、説明しているのは

主に成人の話です。

 

専門はコミュニケーションと食べること。

意外と幅広く感じませんか。

 

また、少しずつ、書いていきますね。