読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことば の おしごと

私はリハビリテーションライターです 言語聴覚士をしています

相手の苦しみを共に味わうこと

こんにちは。 言語聴覚士、 リハビリテーションライターの水野です。 失語症のことを書いている途中ですが 忘れないうちに本の紹介をします。 小澤竹俊先生の 「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」 私の心を一番動かした 「人のために灯をともせば、 …

失語症の基本① 失語症の原因は?

こんにちは。 言語聴覚士、 リハビリテーションライターの水野です。 前回のブログで書いた小澤竹俊先生の本 「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」。 予約して図書館で借りました。 早速、読みたいと思います。 心がけてはいますが 小澤先生のように…

ことばがけへの意識

泣いてしまいました。 プロフェッショナル 仕事の流儀 「訪問診療医 小澤竹俊」です。 在宅で療養する患者さんとご家族を支え、 看取りまで行う医師。 小澤先生の患者さんやご家族への ことばがけが秀逸でした。 ゆっくり簡潔に。 ひとつのことばがけを 30~…

 「言語聴覚士って、どんなお仕事?」を簡単に

梅って、ふんわり優しい香りがしますね。 担当しているALSの利用者さんの 梅花見のおすすめポイント。 道明寺天満宮の梅が満開でした。 ちなみにALSとは筋萎縮性側索硬化症という 神経変性疾患で難病の一種です。 2014年のアイスバケツチャレンジで この病気…

「人生最後のご馳走」と「人生最後の食事」

こんにちは。 いきなりですが、私は本が好きです。 図書館が好きです。 住むところを決めたとき、 「図書館が近いこと」を条件に上げました。 「食べる」ことに関する本2冊を ご紹介したいと思います。 初めに「人生最後のご馳走」を 図書館で借りました。 …

訪問の言語聴覚士が足りません

こんにちは。 大阪は冷たい雨が降っています。 そろそろ咲きそろい始めた梅の花。 散ってしまうのではと心配です。 先日、大阪難病医療情報センターで行われた 「神経難病におけるコミュニケーション支援セミナー」に 参加しました。 内容はコミュニケーショ…

はじめまして

言語聴覚士(ST=speech language therapist)の水野と申します。 言語聴覚士としては13年目。 資格取得後、長野県の公立病院に7年間勤めました。 今は訪問看護ステーションで働き、6年目になります。 これから「書く」ことを本格的に始めようと思います。 …